circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

ニューヨーク1ヶ月の旅:旅の始まり

Posted on | 2012-12-30 | no comments

10月にニューヨークを1ヶ月ぶらぶらしてきて、向こうで日本人、アメリカ人やカナダ、ブラジル、フランス、オーストラリア、スイス、イタリア、中国、ベトナムなどなど多様な国の人たち多分70人以上の老若男女の人たちと「はじめまして」から会話をしてきたり(そんなに英語が話せないことを実感…)、ボストンへ日帰りで行ったり、ちょうどSandyに遭遇したりして、圧縮濃密な経験をしてきました。


photo by Jeff Becker.

行こうと思ったきっかけの一つは以前知り合ったイザベル(上の写真の女性)が主催するメディアアートのLISA conference(TEDを意識してるのでチケットがやや高額)に招待してくれたというのがあります。アメリカ国内の人より航空券代がかかるので、通常だとそこまでして行けるものでもないのでありがたかったです。場所はマンハッタンはセントラルパーク近くのソロモン・R・グッゲンハイム美術館でした。
彼女とは去年のEyeoFestivalの時にたまたま泊まっているホテルが同じで知り合って、妊娠七ヶ月という身重なのに田舎のカンファレンスに参加しにきた肝っ玉母さんみたいな人で、そのときからミネアポリスみたいな田舎でカンファレンスやるよりニューヨークでやった方がいいしやる、と言っており、去年からその流れで開催してるの知ってはいたけど余裕もなかったので見送っていたのでした。それの今年版に招待されました。

とはいえ、ブルックリン/マンハッタンには元々興味があって、どちらかというとブルックリンでしたが、旅行の10月の時点でその4ヶ月前に訪れたばかりでした。
今年の6月にミネアポリスへEyeoFestivalに参加したついでに寄って、3日程度だったけど毎日誰かに会って話を聞いたり、時間がない割に勘所を外しまくってムダ足が多かったけども、ともあれ自分の足で歩いた所は地図と実際の空間を体感して覚えて、またすぐに来たいとは思っていたのでした。


その時行こうと思ったのはEtsyがブルックリンにあることにびっくりしたのが一つのきっかけです。ヨーロッパじゃなくてアメリカのしかもニューヨークに何故?という驚きといいますか。ああいうサイトが立ち上るということは地元に根ざした手作りカルチャーみたいなものがあるのかどうか確かめたかったんですよね。行ったときに現地に住んでる日本人の女性にその質問をぶつけたら、マンハッタンを含むいわゆるアメリカは引っ越す時に家財道具を全部捨てて新たに買い直すような使い捨てカルチャーなんだけど、ブルックリンはたとえばビンテージものを現代版に手直して使ったりというような手作りカルチャーがあると聞いて少し納得できたのでした。チョコレート屋さんがあるんだけどチョコレート作るのに船買ってカカオを買い付けに行って手作りしてる店がありましたし、後日見つけた「Brooklyn Makers」という本の紹介文に”A creative renaissance blooms in Brooklyn. At its heart is a thriving community of artisans producing a remarkable variety of handmade goods.”という紹介文もあります。

ちなみにその人はアメリカはまだ200年しか歴史がないから日本みたいに歴史が長くならないとそれ(ビルド・アンド・スクラップ)がよくないことがわからないんじゃない?と言ってました。私見ですが、日本は歴史が1300年(神話の世界も含めると約2700年)ある世界最古の国家であること=万世一系であることにもっと価値を感じた方がいいと思います。こういう話は海外に住んでる人との方が通じやすくて、伝統的なものに価値を置かない今の価値観は、単に戦後教育や環境の賜物かもしれず、終戦直後の頃に何が行われたのか、戦前はどうだったのか、の理解なしに自分の感覚や感情だけをリファレンスに物を言うのはメイク・センスしないかな…とは思います。

というのもですね、ロナルド・イングルハートの価値マップという調査がありまして、橘玲さんのこの記事や本で知ったのですが。図を橘さんのブログから引用させてもらいます。

同じ質問を世界約100カ国で行い、それによって価値観のちがいを客観的に評価しようということで、結果を二軸にプロットしたものです。縦軸が「伝統的価値」と「世俗的合理的価値感」のどちら側か、横軸が「生存価値社会」と「自己表現価値社会」のどちら側かです。
アメリカ初め英語圏は自己表現価値社会だけども伝統的なものにも価値をほどほど置く社会、ヨーロッパのカトリック圏はアメリカよりも自己表現価値社会ではないけども伝統的なものからはより離れているし、プロテスタントはもっと合理的、などと読める訳です。これで日本を見てみると、びっくりなのですが、自己表現という点ではカトリック圏と同じくらいなんですが、縦軸では日本、突き抜けちゃってます。伝統的な価値観、振り切っちゃってます。どれだけ俗っぽいんだよという話ですが、これはこれで示唆に飛んですごく面白く、橘さんもこの図をきっかけに(日本人)という本を書きました。この調査自体は1981年からなので戦前については調査の対象外です。

話が少し逸れましたが、まぁそんな訳で旅に出たのでした。

別エントリーへ続きます。

Comments

Leave a Reply





about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin