circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

オープンソースな出版方法とNature of Code

主催のIsabel Dravesが招待してくれたのでLISA conferenceというメディアアートのカンファレンスに参加してきました。そのイベントのオープンサロンデイでDaniel Shiffmanが講演しました。ちょっと面白い話をきいたので共有します。

彼はITP (http://itp.nyu.edu/itp/) の先生でProcessing使いです。LISA conferenceでもBen Fryなどの代わりにProcessingについて話してました。理系に類型的に存在しそうな、シンプルさと明快さを愛する裏表のない、とにかく楽しそうに話すのが印象的なフレンドリーな人でした。

生成のアルゴリズム

生成のアルゴリズムのうちビジュアライズに使えそうなものをグルーピング&リストしてみた。間違ってるものや過不足あったら随時更新する(はず)。 数値の生成 ノイズ (noise) パーリンノイズ (perlin noise) 二次曲線 サイン曲線、コサイン曲線 (Sine Curve, Cosine Curve) リサジュー曲線 (Lissajous Curve) トロコイド (Trochoid) フィボナッチ数列 (Fibonacci Number) ロジスティック写像 (Logistic Map) ブラウン運動 (Brownian Motion) 自然物形状の生成 フラクタル (Fractale) シェルピンスキーのギャスケット (Sierpinski Gasket) マンデルブロ集合 (Mandelbrot Set) Lシステム (L-system) バイオモルフ (Biomorph) パターンデザインの生成 魔方陣 (Magic Square) ボロノイ図 (Voronoi diagram) ドロネー図 (Delaunay diagram) 相互作用によるパターンデザインの生成 セルオートマトン (Cellular Automata)) ライフゲーム […]

iPhone上で撮影済みの写真からExifを削除

iPhoneで撮影した写真をそのままウェブにあげると位置情報ダダ漏れしている件が気になってたので自分でも調べてみました。 設定の一般 > 位置情報サービスを「オン」にした状態で撮影をすると写真画像にExifが埋め込まれますが「iPhone上で撮影済みの写真からExifを削除できないか」と調べていたところ「MMSで写真を送る」とExifが削除されるとの情報を発見。試しに自分宛に送ってみたところ、削除されている様子でした(Firefox extensionのExif Viewerとプレビュー.appで確認)。ある意味、富豪的な解決方法? 削除できるiPhone アプリがあればいいんですが、なくても「自分宛にMMS」で解決できそう。個人的には普段は位置情報サービスを「オン」にしておいて、ウェブに乗せて差し障りのあるものだけ「自分宛にMMS」しようかと。 撮影後、何もしていない写真のExif: Exif IFD0 Camera Make = Apple Camera Model = iPhone 3GS X-Resolution = 72/1 ===> 72 Y-Resolution = 72/1 ===> 72 X/Y-Resolution Unit = inch (2) Software / Firmware Version = 3.1 Last Modified Date/Time = 2009:10:06 20:45:32 Y/Cb/Cr Positioning (Subsampling) = centered / center of […]

国民生活金融公庫(当時)への融資申し込み

以前近況報告とともにエントリーしたのですが、トピックごとにエントリーを分けた方がよかろうと別エントリー化。一年前(2008年)の今頃の話です。当時は国民生活金融公庫でした。 .–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–. 国民生活金融公庫の融資制度を利用するつもりだったんですが、結果からいうと一旦見送りました。 元資金の2倍まで借りられるんですね。でそれを元にした事業計画を立てるので、創業時の必要資金としては手持ちの3倍が基準になります。 500万あれば1500万の事業計画になる訳ですが、大きな出費であるオフィスを借りるタイミングと、公庫へ申請するタイミングをちょうどうまく合わせるのが困難なわけです。 オフィスを借りる前と後で手持ちの資金が変わってくるので、どちらのタイミングで事業計画書を出すかで計画書の数字がかなり変わってきてしまう、と。この辺ほかの人はどうやってるんだろう…。 オフィスはいい物件であればあるほど、仮契約なんてしてくれません。 また公庫の方も申請から面接まで2週間程度、その後結果が2〜3週後としても1ヶ月かかる訳で、この間オフィス物件を仮契約しつづけるというのも難しいのではないでしょうか。 以前から申請する前提で、商工会議所に何度か通って創業計画書を準備して、各所から見積もり取ったりしていたので残念ですが、numbers(Macのエクセルみたいなソフト)の操作はこれで覚えたのでまあいいっか。 せっかくなので、いくつかtipsです。 公庫の面接は落ちると記録に残るらしいので、面接で見込みがないと思ったらその場で申請を取り下げた方がいいらしい。 借りたお金で月々の利払い自体は出来てしまうので、そうではなくてちゃんと利益から返済できる事業計画にして、それを口に出してアピールすることが大切。 商工会議所の人でも意外に金利を正確に把握していなかったりするので、公庫で面接前の相談予約をしてその場で事業計画を見てもらうと話が早そう。 事業計画の説得力は、自分(の会社)以外からみた自分(の会社)への数値的な評価。そういう意味ではビザの申請に似てるのかも。申請したことないのであれですが人の話を聞いてそんな印象。 もしくは昔の銀行が、融資先の会社の事業計画や内容を評価できるスキルがないので、土地を担保にしか貸すお金を決められなかったのと同じ感じといいますか。 公庫の人は、業種ごとのの相場感は持っているでしょうが業界知識はないものとして話す必要があるので、専門外の人へ自分の専門を分かりやすく説明する必要があるかと思い、わかりやすく説明しようと試みる訳です。 が、その辺は肩すかしな程フンフンフンと聞き流されて、結局集めてきた書類とそこに書かれた数字しか見ていないような印象ではありました。そういう意味では、よりアピールできる数字と書類を作れる行政書士に頼む方が楽かもしれません。

データ管理ポリシー

ウェブサービス利用前提でのデータ管理ポリシーを、自分の例で整理してみた。本来だったら音楽や映像で活用したりバックアップとして利用したいところだが、保存領域あたりの単価がまだまだ高いので、極力現在進めているプロジェクトの作業データを中心に利用している感じ。プロジェクトが終わるとこまめに同期対象から外すので、この使い方だとZumoDriveよりもDropboxの方が使いやすい。 データ管理ポリシー シチュエーション 更新頻度:高/クラウドへ置く必要性:高 更新頻度:低/クラウドへ置く必要性:高 更新頻度:高/クラウドへ置く必要性:低 更新頻度:低/クラウドへ置く必要性:低 仕事 メール (Gmail) メモ (Evernote) URL (Delicious) 進行中の仕事関係ファイル 作業環境/アプリの設定 リファレンス incl. 画像、ソース、ドキュメントなど (なし) 終了した仕事関係ファイル アプリ本体 プライベート メール (Gmail) メモ (Evernote) ドキュメント URL (Delicious) 写真 (Flickr) ドキュメント 音楽 映像 (なし) アプリ本体

about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin