circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

コンポーネント指向料理

Posted on | 2006-04-25 | 4 Comments

去年熱心にジムに通ってた頃、食事をなんとかしたいと思ってました。で友達と話してて、朝はコンビーフ、昼はサラダ(どちらもコンビニ)というその食生活を聞いて、自分の食事も似たようなものなので、なんとか日常的にコンビニ食事や偏った外食じゃなくて摂取したい栄養を含んだ料理を手作りできないかと考え、思いついたのがコンポーネント指向料理

ソフトウェアのコンポーネントを「特定の機能を持っているが、基本的に単体では使用できず、他のプログラムやコンポーネントと組み合わせて機能を実現するために用いられるもの」と定義するとしたら、それを料理でできるんじゃないか、ということです。調理はしているがそのままでは基本的に食べれない単位(トマトソース、ペースト状にした豆、フルーツをミキサーにかけておいたもの、など)をストックしておき、その時々で色々組み合わせて、献立のバリエーションを豊かにし、かつ調理時間の短縮も狙う、というもの。

そんなものを作れたらいいな!と何の裏付けもないのに宣言しつつ、料理本を漁っていたら同じようなコンセプトの料理本が既にありました。

stockbook2.jpg

休日に作っておけば、毎日のごはんが楽になる

コンポーネントリスト

  • 合びき肉のストック
  • 鶏ひき肉のストック
  • トマトソース
  • ひじきの煮物
  • 野菜のピクルス
  • フライパン焼きみそ
  • ホタテ醤
  • ゆで豚
  • にんにくアンチョビオイル
  • 鮭明太子フレーク
  • 豚のしょうゆ煮
  • ナムル4種
  • チキンボイル
  • オニオンペースト
  • オイルオニオン

組み合わせ例

  • ライスサラダ=野菜のピクルス x チキンボイル
  • ミネストローネ=トマトソース x  チキンボイル
  • ラグーパスタ=合びき肉のストック x トマトソース
  • チキンのクリーム煮=ラタトゥイユ x にんにくアンチョビオイル


stockbook1.jpg


ストックだねで、毎日のごはんがもっと楽になる

コンポーネントリスト

  • 根菜ラタトゥイユ
  • 大豆煮豆
  • カニ醤
  • 大根とにんじんの酢漬け
  • 黄身のしょうゆ漬け
  • 油揚げの甘辛含め煮
  • ひよこ豆のペースト
  • しいたけの甘煮
  • かぼちゃのペースト
  • 鶏ささみの蒸し物
  • 牛肉のしぐれ煮
  • プチトマトのピクルス
  • 煮卵
  • 田楽みそ
  • ザーサイのピリ辛油炒め

組み合わせ例

  • カリフラワーの蒸し煮=ひよこ豆のペースト x オニオンペースト
  • かぼちゃのコロッケ=かぼちゃのペースト x 合びき肉のペースト
  • トマトの冷製パスタ=トマトソース x にんにくアンチョビオイル
  • 煮卵onカニ醤=煮卵 x カニ醤

といった感じ。例によってしばらくほったらかしにしてたんですが、この度日曜日にやっと試してみました。

作ってみたコンポーネントたち。カボチャのペースト、鶏ひき肉のストック、ひよこ豆のペースト、にんにくアンチョビオイル。

そしてそれらで作った食事→かぼちゃのコロッケ、豆腐のにんにくアンチョビのせ、ひよこ豆の豆乳スープ。

これだけ作っただけで一苦労…。ぼちぼち無理しない程度に続けていければと思います。あと低インシュリンヴァージョンはオリジナルで作りたいな。あと朝食にフォーカスしたものとか。

Comments

4 Responses to “コンポーネント指向料理”

  1. きくらげ
    April 25th, 2006 @ 11:57 am

    すごーい。なんかびっくりした。

  2. yuichi
    April 25th, 2006 @ 1:25 pm

    乾燥きくらげも合わせて買ってみました。

  3. チェン
    May 5th, 2006 @ 3:40 pm

    料理の出来る男ってカッコ良いっすよね~
    自分も料理出来るようになりたいなぁ~

  4. レシピの構造化 : circumstance evidence
    December 12th, 2010 @ 3:06 am

    […] コンポーネント指向料理(2006年のブログエントリ) […]

Leave a Reply





about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin