circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

「デザイニング・ウェブインターフェース」発売

翻訳書、発売 去年末に翻訳書が発売された一冊。オライリーからインターフェイスデザインについての本は数冊でていますが、中でも一番具体的で速効性があるといえそうです。ajax以降のフロントエンドの使い勝手にフォーカスし、ケーススタディの集積から、系統だててデザインパターンとしてまとめあげたベスト・プラクティス集となっています。監訳者の浅野さん(http://blog.iaspectrum.net/)に献本いただきました。ありがとうございます! 本の内容について 「いずれデスクトップとウェブの境界はますますあいまいになってくるだろうが、それでもウェブでのリッチインタラクションを作ることには独特の特徴というものがある」と言う著者の一人、Bill Scott(http://looksgoodworkswell.blogspot.com/)は、Yahoo!在籍時代にYahoo! Design Pattern Libraryの一般公開に貢献した人物。共著のTheresa Neil(http://www.designgenie.org/)は、フリーランスのインターフェイスデザイナとのことです。 少しだけiPhoneやFlashによる実装の事例も含まれていますが、対象は主にPC向けサイトにおけるajaxを前提としたものといってよいでしょう。ロールオーバーが多用されてることや、画面サイズの差から考えても、ここに掲載されている手法はモバイルやiPhoneでは使えないことも多いはず。スマートフォンとi-modeブラウザ2.0搭載のDocomo端末をのぞくモバイルではJS使えないですしね。Flashの場合にも援用できますが、前提としている制約が違うかな、とは思いました。 使い勝手について、動作ロジックも含めてかなり細かく解説されていますが、具体的なデザイン手法やソースコードには触れていず、まさにユーザー・インターフェイスにフォーカスした内容になっています。少し前にとりあげたページングについても、カルーセル型も込みでばっちり規定されてました。素敵! とりあげられているサイトは、メジャーで大勢の人に使われている今も動いているサイトが多いので、実際に触って確かめられるほか、デザイナー以外の人へ挙動を説明するのにも有用です。 またこれらを実際に多くの人が使っているということは、これらのユーザー・インターフェイスを学習しているともいえる訳で、この洗練ともいえる振る舞いや手法を、踏襲するにしてもしないにしても参考にせずにはいられないでしょう。 原書を持っていたのですが、素晴らしい和訳書を得た今、躊躇なく売るつもりですw 目次 第1原則 直接的なインターフェイスを作ろう 1章 ページ内編集 2章 ドラッグアンドドロップ 3章 直接的な選択 第2原則 軽快さを心がけよう 4章 コンテキスト連動型ツール 第3原則 1ページで完結させよう 5章 オーバーレイ 6章 インレイ 7章 バーチャルページ 8章 プロセスフロー 第4原則 インビテーションを仕掛けよう 9章 静的インビテーション 10章 動的インビテーション 第5原則 トランジションを利用しよう 11章 トランジションのパターン 12章 トランジションの目的 第6原則 すばやく反応しよう 13章 情報探索のパターン 14章 フィードバックのパターン エピローグ 実現に向けて 読者対象としては、デザイナーやエンジニアをはじめ、企画職の方や、企業のご担当者などにも読んでいただきたいと思いますが、実現にあたっては、デザイナーが主導することが肝要です。具体的には用語ひとつ、機能ひとつ、実現したいこととインターフェイスの結びつきひとつにとってもデザイナーでない人の場合には齟齬が発生する可能性があって、それは専門ではないので当然のことともいえますが、そこは正しく、険がないようにw 矯正してあげることが必要です。 また自戒をこめて書きますが、実現にはデザインマターだけではなく、プロジェクトの座組みや進行に如何にきちんと組み込むか、にかかっているともいえそうです。具体的にはフロントエンドのスクリプトを誰が書くのかといったことや、作業負荷の見定め、システム会社との連携を如何にスムーズに行えるかが求められます。 ウォーターフォール型かアジャイル型かによっても違ってくると思いますが、できるだけプロジェクトの早い段階でこういったことをプロジェクトチーム内で共有し、実現できそうかどうかを見極めることが大事といえそうです。 ぜひ手にとって読んでみてください。 O’Reilly Japan – デザイニング・ウェブインターフェース IA Spectrum: 監訳書『デザイニング・ウェブインターフェース』が発売されます

Yahoo!ショッピングの購入遷移

Yahoo!ショッピングはよく出来ていて、上記ダイアグラムはショッピングカートに入れた商品をユーザーが購入するまでのページごとの入力情報を、それぞれ上から下へ画面表示順にまとめたものですが、まずYahoo!ショッピングは、色んな店舗の集合体なので、店舗ごとにサポートしている決済手段/配送方法が異なっており、よって店舗ごとにショッピングカートが異るのでそれを選ぶところから始まるのですが、その後は上記step 1 からユーザータスクがスタートします。 ユーザーが滅多に変更することのないアカウント情報に紐づいている入力情報はstep 2にまとめられており、それ以外の、その時の買い物固有の入力情報はstep 1にまとめられています。 注文完了までたった3画面で端的にまとめられていますが、注文内容の表示位置にもこだわっているのが見受けられます。 step 1ではユーザーが注文しようとしている直後ですから、何を注文しているのかがわかるよう一番上に配置。step 2ではそのプライオリティは下がります。一番下ではなく、一番下にはメールアドレス入力欄があるのがちょっと不思議ですが、これは後述する通りリニューアル以前の名残りかもしれないですね。そしてstep 3では、もう注文完了直前の確認画面ですから再び注文内容の表示位置が一番上にきています。 といった感じで隅々まで考えつくされているのに。ああ。 step 3の注文内容確認画面で突然登場するメール送信のチェックボックス。初期状態ですべてオンになっています。 一番下までスクロールして確認しないユーザーは、気づかぬうちにメール送信に合意しているという訳です。 楽天市場が同じ仕様で有名ですが、楽天はある意味潔く以前から一貫してこの状態なのに対し、記憶が正しければ、以前2006年暮れごろに調べた時には、Yahoo!ショッピングは注文内容確認より前の画面、メールアドレスを入力する箇所でメール送信についても尋ねてきていたはず(初期状態でオンだったかまでは記憶にないのですが)。2007年11月29日のリニューアルで今の状態に改変されたのでしょうかね。 言わずもがなですが、一般的にこういった一連のタスクが複数ページにまたがって行われ、最後の一歩手前で入力内容を確認させる際に、その画面で初めて新しい要素を登場させることはユーザーに対する裏切り行為に近いものがありますが、さらにその内容がメール送信に合意という、買い物終えてしばらくして、関連性があやふやになっている頃にショップ側からのアクションとして届くのであんまりよろしくないかと思います。 Greasemonkey 用スクリプト – Deny Rakuten News

「『新しい郊外』の家」

建築的なものとの個人的な接点 著者の馬場さんといえば東京R不動産のディレクターとして有名ですが、ぼくが初めて知ったのは、それ以前にインディペンデントに出版していた「A」という雑誌でした。 当時、働いていた会社が業務停止に追い込まれ、望まないままフリーランスの状態になった時、お仕事でお世話になっていた建築事務所(インテンショナリーズ)のサイト構築のために建築系の本や雑誌の資料をあさっていて見つけたのが「A」でした。 当時(2000年)はトランス・アーキテクチャという造語を散見することができ、建築と周辺別メディアを複合的に見ることで新しい視点を獲得しよう、というニュアンスの言葉だったような気がしますが、それはそのままこの雑誌の特徴に近かったようにも思います。一番大きいのは周辺メディアの一つとしてインターネットも登場していることで、その言葉をとっかかりにネットや書籍や雑誌で情報を探していました。 結局サイトの方は、ありがちではありますが、建築とウェブの構造的な共通点や差異点を提示した上で、ポートフォリオを中心に構成し、時間/場所/種類といった属性でブラウズできるサイトをFlash4で作りました。 また、前職のbAに入った後に(会社経由で)プレゼンのお手伝いをさせていただいたことがあって、そのことは以前書いた通りです。 その後は建築事務所や建築的なこととは接点はなかったのですが、都市論、家族論など周辺分野も含めて関心のある分野の一つでして、読んでとても面白かった本の一部をあげると、伊東豊雄氏「けんちく世界をめぐる10の冒険」、「プロジェクトブック」(レビュー)、上野千鶴子氏の「家族を容れるハコ 家族を超えるハコ」、平松剛氏の「磯崎新の『都庁』」などなど。 東京R不動産は、引っ越しのあてもない時にもたまに見ていたので、今入居している物件を探す際には東京R不動産を中心に探していて、いい物件を見つけて、場所よりも物件ありきで契約しました。 読んでみた そんなバックグラウンドもあったのですぐに買って読んでみました。都内暮らしを必然とする著者が、突然、千葉の海岸近くへ住むことを決意してしまった経緯と、実際に家を買うまでの方法論的体験談。 率直でテライのない語り口なので、素直に気持ちよくスイスイ読んでいくことができました。書かれてることは大きく分けると3つ。 ・支払いの話 家を立てる時には工務店へ3回(着工時/上棟時/竣工時)支払いのタイミングがあり、それぞれ3分の1づつ払う必要があるが、住宅ローンを利用する場合、建物がたった後でないと担保となる建物自体がないので、建物が立ってから銀行から工務店へ一括で支払われるので、工務店としては資金繰りに困りますね、と。そこで登場するのが住宅メーカーで、工務店と銀行の間に入り、間のやり取りをパッケージ化。途中で必要な運転資金を肩代わりしてくれるので銀行にもメリットがある。これが、銀行が住宅ローンを組む際のメジャーな仕組みなので、住宅ローン組みつつ、住宅メーカーに頼まずに建築家に依頼する場合に立ち行かなくなってしまうので別な方法を考える必要がある、と。 この辺は説明不足かもしれないので、興味がある方は本を手に取ってください。 ・間取りの話 住まいが家族の生活や関係を規定する面もあるのではないかという実体験を元にした話。セキララです。家のある場所や間取りが、一緒に住む人同士の関係を浸食する話。オーダーメイドで家を設計することは、その家族の人間関係の可視化である、と。 ・リノベーションの次の波? 物件+場所の新しい価値観の話 従来「東京R不動産」が提案していた価値観が旧来の不動産屋がもっていなかった住まいに関するセンスや価値観だとしたら、その価値観が広く定着した今、「R不動産」の次なる価値観の提示にように感じました。ベッドタウンとして寝に帰るだけではなくて、仕事とプライベートとで住まいの場所を使い分け、積極的に勝ち取るものとしての首都圏郊外暮らしみたいな感じでしょうか。 まとめ的な何か もっと順風満帆な方だと思っていたので、波乱万丈な(?)エピソードは驚きました。 勝手かつ一方的ながら非常に親近感持てました。過去の一つひとつの動きが必然的につながって一つも無駄になっていない所に心動かされるというか。もしかしたら(スケール感は異なっても)何も特別なことではなくて、誰であってもそうなのかもしれないと思ったり。先週デブサミでの西村佳哲氏の講演と合わせて、ちょっと勇気もらえた感じでした。

activeCollab導入

プロジェクト管理ソフトのactiveCollabを導入しました。 ウェブ制作の進行管理に使う予定ですが、制作物そのものの管理以外の、以下のようなプロジェクト進行に必要な事柄に関しては、代替できるのではと思いました。 メールでのやりとり 支給される素材ファイルの一元化&ヴァージョン管理 コンテンツとなる文章の一元化&ヴァージョン管理 議事録や決定事項を一元的に掲載 作業時間のトラッキング 納品ファイルの一元化&ヴァージョン管理 出来ないこととしては MSのProjectなどのようにガントチャート形式で表示できない。 複数のプロジェクトで複数の作業者が同時期に作業している際のタスク調整はしづらいかも。 という感じで、PCのアプリケーション機能依存で分散しがちだったプロジェクトにまつわるあれこれを、ウェブベースで代替/一元化できるのが最大のメリットかと思いました。 で機能によってはヴァージョン管理できるものがあるので、やりとりを重ねながらコンテンツをフィックスさせることも分量が少なければできそうですね。あとプロジェクト情報をテンプレート化できるので標準的な進め方をあらかじめテンプレート化しておくとか、要件定義をプロパティリストとしてテンプレ化してしまうとか。 といった感じで合理的に進められそうなので導入してみました。 正直個人事業から始めるのにこの手のツールは使わなくても進められるとは思うのですが、極力この手のことは合理化したいのと、こういうツールをちゃんと使ってみてその善し悪しの判断をできる方が望ましいかと思いまして。あと作業にかかった時間を記録しておけるのがありがたく。 まぁクライアントが使ってくれないと効果的でなく、そこが一番のネックかもしれませんが。 もし使ってみたいという方がいたら…お仕事ください(笑 検索しても無料版が出た当時の記事が目につくのですが、日本ではどのくらい使われてるのでしょうね。 今回導入したのは有料の最新版(1.1)です。 情報あったら是非とも教えていただきたく。 しばらく使ってみてから、日本語ローカライズファイルを作ってみます(誰かが作りそうですが)。 以下概要です。 公式サイトでの機能リファレンス 機能一覧 1.1での新機能 特徴 他の同様のサービスと比べての大きな特徴はサーバインストール型だということ。 他ASP型サービスだと、従量(プロジェクト数、ファイルストレージサイズなど)型で毎月の料金が発生するけども、これは一度購入すれば将来的なアップデートも追加料金なしで受けられます。 サイボウズなどのグループウェアでは、個人事業にはオーバースペックなので検討対象外としました。 サイトデザインは洗練されていて、あまりカスタマイズしようとも思わない高い完成度なので、ロゴだけ差し替えてそのまま使えそうです。カラースキームを変更したり、言語ファイルを用意すればUIの言語表示は日本語に変更できます。 トップページ、各プロジェクトトップページはダッシュボード形式になっていて、概要と詳細をいったりきたりできます。 使い方 初期設定として、 Project作成 人のアサイン Projectにぶらさげる形で、Milestoneを入力 各Milestoneにぶらさげる形で(ぶらさげなくてもいいけど)、Discussions、Files、Pages、Ticketsを入力。 などを入力し、これらの内容を更新/修正しながら活用しつつ、補助的にツールとしてTime、リマインダ機能を併用という感じでしょうか。 Files、Calendar、Tickets、Timeはプロジェクト横断で利用することができるようです。 用語とその機能 Projects プロジェクト数は無制限に作成可能。 進捗度を棒グラフ化で表示。 プロジェクトをクライアントに紐づけることも可能。 プロジェクトをグループ化することが可能。 プロジェクト情報(下位にぶらさがる各種情報含めて)をテンプレート化することが可能。 Milestones いわゆるマイルストーン。 Discussions いわゆる掲示板機能。ファイル添付可能。 Files ファイルをアップロードして共有可能。ヴァージョン管理機能つき。 Pages 構造化した文章を共有しつつヴァージョン管理機能も使って、完成させていけるツール。コメントをつけられる他、サブタスクも設定可能。 Tickets […]

Prince / Planet Earth affair

 [ロンドン 28日 ロイター] 発売前の米ロック歌手プリンスの最新アルバム「Planet Earth」のCDが、7月1日付の英「メール」紙の折り込みで無料配布されることが分かった。  同紙代表のStephen Miron氏は、「このようなことは今まで誰もやったことがない。我々はこれまでもCDやDVDの無料配布を行ってきたが、発売日前の無料配布は初めて」と語った。同アルバムは、7月24日前の発売は予定されていないという。  一方、エンターテインメント小売業協会の共同協会長のPaul Quirk氏は、「これまで彼の音楽キャリアを通してプリンスを支えてきたレコード店の全ての人間に対する侮辱」と怒りをあらわにし、レコード音楽の価値を下げる行為だと非難している。 つまり新作CDが発売前に、発行部数が200万部ぐらいある新聞の折り込みオマケとして世間に流布してしまう、と。これに驚いたSony BMGは、イギリスでの販売を中止するようです。 「無料無料」と騒がれてますが、正確には無料ではなく、あくまで「メール」紙を買わないと手に入りません。「メール」紙とアーティスト間に金銭的な合意が成立すればありえない話ではないはずで、これがなんでありえるかというと、彼がレコード会社に旧来的な意味で「所属」していず、権利を自分で持っているので、金額も自分で決めれるし、こういった施策を決定するのも自由だから、と。 なぜイギリスか。イギリスでこの夏コンサートツアーを行うのでその話題作りというのが考えられます。つまり確信犯。レコード会社のサポートなくとも成功する自信があるのでしょう。 既存の枠組みを壊す、という意図以外に、新聞に無料で折り込まれるという形式が個人的にはちょっとピンとこない気がします。なんで新聞なのか。数さえ裁ければいいのか、という。それ以上の大きいこだわりを特に感じないというか…。でも本当に数かもしれない。200万部は尋常な数じゃないでしょう。別の取り組みとしては、コンサートチケット1枚にアルバムCD1枚を添付するようで、2作前のMusicologyの時も同じことをしています。売り上げチャートを集計する団体によって反応は違ったものの、これを「売り上げ」枚数とカウントするとしないとで数は大違い。「無料」で配れば、売り上げ枚数と世間に普及している枚数に差分が生まれ、「売り上げ枚数」という概念自体も変わっていくはず。売り上げチャートの存在自体にも結果的に異議をとなえています。旧来の枠組みはインターネットによって壊されつつありますが、売り上げ規模の大きいアーティストがやればその動きはより加速されることでしょう。 プリンスのこういう型破りなところは追っかけていて面白いところで、前出Musicologyは今回と同じソニーとの契約ですが、この時は、なんでも他の全メジャーレーベルとも契約しようとしたとか。レコード会社の役割を配給とプロモーションだけに限定しようとする、アーティスト側からのキツい一発ですね。 プリンスは元々ワーナー契約アーティストですが、ワーナーと揉めてから、7年近い闘争の末、ようやくワーナーとのレコーディング契約を消化し、名前使用に関する契約も1999年大晦日に終了。活動に制限をうけたヒドい「1999年」だったわけですが、晴れて名前もプリンスに戻し、以後アルバム1枚ごとにレコード会社と契約しています。レコード会社側は、one-off dealなんて言いたくないので移籍移籍再移籍と言いますが、もともと1枚契約なので移籍ではありません。しいて籍というならプリンスの出版会社(楽曲の著作権管理会社)に現在出資しているユニバーサル・ミュージックでしょう。NEWSや3121はここから出てます。 参考までにレコード会社各社のページ ワーナー・ミュージック ユニバーサル・ミュージック ソニー・ミュージック いつも読んでる池田センセやB3 Annexのブログにも取り上げられててちょっとビックリ。 邦題は久々に香ばしい「プラネット・アース~地球の神秘~」。正直ダサダサなビジュアルは相変わらず。ブート業者の方が彼のインハウスデザイナーよりいい仕事します。 なんだかんだ書きつつ、発売前の音源をすでに手に入れてしまいました。ビットレートすごく落とされたものだし、いずれにしても発売したら「買い」ますが…。 ここから先は若干ネタバレを含みますが、聴いた感想としては1つのコンセプトアルバムとして捉えないほうがいいかもしれないなとは思いました。レイドバックした楽曲+特定ジャンルよりの楽曲(ロックや珍しくファンキーなディスコ風など)は、Tamarと別れて、Tamarがらみの3121収録曲を歌うことが(心理的にも)出来なくなったためのツアー用の楽曲補充、のようにも見えます。良くも悪くもそのぐらい軽い感じ。気に入ってるLoveは結局パフォーマンスしないで終わるのかな。いずれにしても超マイペース。こんな音を今2007年に出すんだ、という驚きもあります。先日の地元7-7-7ライブではGnarles BarkleyのCrazyをやったというし(歌ったのはShelby Jらしいですが)、モントレー・ジャズ・フェスティバルにも久々に出るとか。日本にも来ないかな。 The Mail on Sunday Coming this weekend… the greatest newspaper giveaway… EVER! 2ch

Twitter

Twitter、一応新しいwebサービスは片足突っ込んでみようと思ってるので始めてみたけど、基本的には蛸壺系かなと感じた。入力方法は色々あり(ウェブ、Firefoxのサイドバー、メッセクライアント、デスクトップアプリ、メール、ヌイッター)、出力方法はまだ少し?(Twitterサイト、ブログのwidget、API)。メッセで名前の後ろになんとなく今の状態というか雰囲気を手入力で入れるけど、そこと連動したらいいなとは思ったり。 基本的に自分の今してることとかを自分のペースでひたすらウェブにアップするという行為なので、自己顕示欲や自己宣伝と紙一重であり、自分の状態をやんわり伝えたり、友達登録してる人の状態をやんわり知ったり、という関係性には良いと思うけど、個人的に蛸壺感はある。お互いに見せて見せられての関係性はまるで部屋にめぐらされた無線LANをただ乗りしあうFONのようでもあり、ビバリーヒルズ高校白書のようでもあり、どうでもよくなってくる瞬間もある。あんまり話しない人が自分のことをそれで知ってるのは、上記やんわり感とキモい感のバランスや空気感を自分でコントロールできないとしんどくなってくるね。 確信的安定的サービス精神的に自分を見せ続けられる人のはいいかもしれないけど、遊びに行った話をバカ正直に書いたりするのはやめて、ひたすらかわええと思ったことだけあげてみることにした。コトノハみたいにユーザーが新しい入力スタイルを作っていったり、マッシュアップぽい新たな使い方に発展する可能性はありそう。

それでも、人は、ケータイと呼ぶ。

今持ってるW41CA(白)は大変気に入ってるので余程のことがなければ機種変しないつもりでいたのだけど、つなぎ携帯がほしくてW44Sをゲットしました。なぜつなぎかというと、 W41CAはFlash Lite 1.1なので2.0対応機種にしないと携帯Flashで何も作れない(に等しい) Flash Lite 3.0対応(flv対応=わかりやすいところでYouTubeが見れる)機種は、どうやら今年冬モデルまで出ないらしい 春モデルで、EV-DO Rev.A対応のものが全くなく、今年の夏モデル以降を待たないといけない なので今つなぎで買うとしたら春モデルより前にリリースされたものを安く買うのが、少なくとも個人的にはベストでした。神機の誉れ高いW44Sを、もう何度目になるかわからないけど手に取り、ちょうど「海馬」も読み直してたので、片目をつぶって、もう片目から遠ざけたり近づけたりして、右側のヒンジが盲点に入って見えなくなったところで購入を決意しました。1万6千円代まで落ちてたので、auポイントとヨドバシポイント使って結局1万1千円代で。 カラバリが3色あって、シルバーとオリーブで相当悩みましたが、普段使用時に目にするのは圧倒的に開いた時だろうからと、開いた時基準でシルバーに。受け取りまでオリーブにしとけばよかったかなとずっと後悔してたんですが、実機を手にとったらシルバーで全然嫌味がなく、むしろ気に入りました。よかったよかった…。 テンキー、十字キー、閉じた時のシルバー部分など、細かい部分部分で質感と触感に違いがあって、手になじむ感じがいいですね。ハードデザインの完成度高い。 契約時に店員が書いてる契約書みたいなのを見てたら、右上辺りに契約区分が書いてあって、新規/機種変更(ICカード)/機種増設の中から機種増設に丸がしてあって、オッと思った。つまり一般に使う言葉としての機種変更はau内部では機種増設なのね、と。内部でいう機種変更はICカードの変更の場合が該当するらしく。なのにお客側に見せる言葉は、店頭表示価格から最終的にもらえる書類まで徹底して「機種変更」としかないのはダブルスタンダードじゃないかとも思っちゃいました。まぁICカード導入前の言い回しから変えることの心理的な抵抗を考慮してからかもしれませんが。 前にも書いたけど、機種変すると以前まで使っていた携帯端末への何というか心理的な距離感が一気に遠ざかってしまい、攻殻でいうところのゴースト抜かれた義体か、別れた彼女か、ぐらいの勢いがあったものだけど、今回はそんなこともなく。ICカードを抜き差しすれば復活できるので。大抵バッテリーの奥にICカードがあるのも取替えに手間はかかるけど、ゴースト入れなおすと考えれば、儀式的な手間のかかり具合がちょうどよく。なので色白で聡明な美人ちゃんも時々連れ出してあげようと思っとります。

next page »

about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin