circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

「デザイニング・ウェブインターフェース」発売

Posted on | 2010-01-08 | no comments

P1070333

翻訳書、発売

去年末に翻訳書が発売された一冊。オライリーからインターフェイスデザインについての本は数冊でていますが、中でも一番具体的で速効性があるといえそうです。ajax以降のフロントエンドの使い勝手にフォーカスし、ケーススタディの集積から、系統だててデザインパターンとしてまとめあげたベスト・プラクティス集となっています。監訳者の浅野さん(http://blog.iaspectrum.net/)に献本いただきました。ありがとうございます!

本の内容について

「いずれデスクトップとウェブの境界はますますあいまいになってくるだろうが、それでもウェブでのリッチインタラクションを作ることには独特の特徴というものがある」と言う著者の一人、Bill Scott(http://looksgoodworkswell.blogspot.com/)は、Yahoo!在籍時代にYahoo! Design Pattern Libraryの一般公開に貢献した人物。共著のTheresa Neil(http://www.designgenie.org/)は、フリーランスのインターフェイスデザイナとのことです。

少しだけiPhoneやFlashによる実装の事例も含まれていますが、対象は主にPC向けサイトにおけるajaxを前提としたものといってよいでしょう。ロールオーバーが多用されてることや、画面サイズの差から考えても、ここに掲載されている手法はモバイルやiPhoneでは使えないことも多いはず。スマートフォンとi-modeブラウザ2.0搭載のDocomo端末をのぞくモバイルではJS使えないですしね。Flashの場合にも援用できますが、前提としている制約が違うかな、とは思いました。

使い勝手について、動作ロジックも含めてかなり細かく解説されていますが、具体的なデザイン手法やソースコードには触れていず、まさにユーザー・インターフェイスにフォーカスした内容になっています。少し前にとりあげたページングについても、カルーセル型も込みでばっちり規定されてました。素敵!

とりあげられているサイトは、メジャーで大勢の人に使われている今も動いているサイトが多いので、実際に触って確かめられるほか、デザイナー以外の人へ挙動を説明するのにも有用です。
またこれらを実際に多くの人が使っているということは、これらのユーザー・インターフェイスを学習しているともいえる訳で、この洗練ともいえる振る舞いや手法を、踏襲するにしてもしないにしても参考にせずにはいられないでしょう。
原書を持っていたのですが、素晴らしい和訳書を得た今、躊躇なく売るつもりですw

目次

  • 第1原則 直接的なインターフェイスを作ろう
    • 1章 ページ内編集
    • 2章 ドラッグアンドドロップ
    • 3章 直接的な選択
  • 第2原則 軽快さを心がけよう
    • 4章 コンテキスト連動型ツール
  • 第3原則 1ページで完結させよう
    • 5章 オーバーレイ
    • 6章 インレイ
    • 7章 バーチャルページ
    • 8章 プロセスフロー
  • 第4原則 インビテーションを仕掛けよう
    • 9章 静的インビテーション
    • 10章 動的インビテーション
  • 第5原則 トランジションを利用しよう
    • 11章 トランジションのパターン
    • 12章 トランジションの目的
  • 第6原則 すばやく反応しよう
    • 13章 情報探索のパターン
    • 14章 フィードバックのパターン
  • エピローグ

実現に向けて

読者対象としては、デザイナーやエンジニアをはじめ、企画職の方や、企業のご担当者などにも読んでいただきたいと思いますが、実現にあたっては、デザイナーが主導することが肝要です。具体的には用語ひとつ、機能ひとつ、実現したいこととインターフェイスの結びつきひとつにとってもデザイナーでない人の場合には齟齬が発生する可能性があって、それは専門ではないので当然のことともいえますが、そこは正しく、険がないようにw 矯正してあげることが必要です。

また自戒をこめて書きますが、実現にはデザインマターだけではなく、プロジェクトの座組みや進行に如何にきちんと組み込むか、にかかっているともいえそうです。具体的にはフロントエンドのスクリプトを誰が書くのかといったことや、作業負荷の見定め、システム会社との連携を如何にスムーズに行えるかが求められます。

ウォーターフォール型かアジャイル型かによっても違ってくると思いますが、できるだけプロジェクトの早い段階でこういったことをプロジェクトチーム内で共有し、実現できそうかどうかを見極めることが大事といえそうです。

ぜひ手にとって読んでみてください。

Comments

Leave a Reply





about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin