circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

それでも、人は、ケータイと呼ぶ。

Posted on | 2007-03-26 | 2 Comments

W44S.jpg

今持ってるW41CA(白)は大変気に入ってるので余程のことがなければ機種変しないつもりでいたのだけど、つなぎ携帯がほしくてW44Sをゲットしました。なぜつなぎかというと、

  • W41CAはFlash Lite 1.1なので2.0対応機種にしないと携帯Flashで何も作れない(に等しい)
  • Flash Lite 3.0対応(flv対応=わかりやすいところでYouTubeが見れる)機種は、どうやら今年冬モデルまで出ないらしい
  • 春モデルで、EV-DO Rev.A対応のものが全くなく、今年の夏モデル以降を待たないといけない

なので今つなぎで買うとしたら春モデルより前にリリースされたものを安く買うのが、少なくとも個人的にはベストでした。神機の誉れ高いW44Sを、もう何度目になるかわからないけど手に取り、ちょうど「海馬」も読み直してたので、片目をつぶって、もう片目から遠ざけたり近づけたりして、右側のヒンジが盲点に入って見えなくなったところで購入を決意しました。1万6千円代まで落ちてたので、auポイントとヨドバシポイント使って結局1万1千円代で。

カラバリが3色あって、シルバーとオリーブで相当悩みましたが、普段使用時に目にするのは圧倒的に開いた時だろうからと、開いた時基準でシルバーに。受け取りまでオリーブにしとけばよかったかなとずっと後悔してたんですが、実機を手にとったらシルバーで全然嫌味がなく、むしろ気に入りました。よかったよかった…。

テンキー、十字キー、閉じた時のシルバー部分など、細かい部分部分で質感と触感に違いがあって、手になじむ感じがいいですね。ハードデザインの完成度高い。

契約時に店員が書いてる契約書みたいなのを見てたら、右上辺りに契約区分が書いてあって、新規/機種変更(ICカード)/機種増設の中から機種増設に丸がしてあって、オッと思った。つまり一般に使う言葉としての機種変更はau内部では機種増設なのね、と。内部でいう機種変更はICカードの変更の場合が該当するらしく。なのにお客側に見せる言葉は、店頭表示価格から最終的にもらえる書類まで徹底して「機種変更」としかないのはダブルスタンダードじゃないかとも思っちゃいました。まぁICカード導入前の言い回しから変えることの心理的な抵抗を考慮してからかもしれませんが。

前にも書いたけど、機種変すると以前まで使っていた携帯端末への何というか心理的な距離感が一気に遠ざかってしまい、攻殻でいうところのゴースト抜かれた義体か、別れた彼女か、ぐらいの勢いがあったものだけど、今回はそんなこともなく。ICカードを抜き差しすれば復活できるので。大抵バッテリーの奥にICカードがあるのも取替えに手間はかかるけど、ゴースト入れなおすと考えれば、儀式的な手間のかかり具合がちょうどよく。
なので色白で聡明な美人ちゃんも時々連れ出してあげようと思っとります。

Comments

2 Responses to “それでも、人は、ケータイと呼ぶ。”


  1. March 27th, 2007 @ 12:48 pm

    多分絶対使わないとみた!

  2. yuichi
    March 30th, 2007 @ 10:01 am

    >の
    さすがに携帯なので毎日使ってマス
    w-zero3が…

Leave a Reply





about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin