circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

ネットで選挙活動/投票できるようになることの本質って?

ネットで選挙活動ができるようになったり、実際にネットで投票ができるようになったりした場合の目指すべき本質は、よくいわれる無党派層/無関心層の票の掘り起こしにとどまらず、その先にある、選挙制度の全国区制(地域にとらわれない言い方をすれば直接投票)への移行なのではないかと思います。 参議院はともかく衆議院は特に、そもそも国政に参加する政治家を選ぶのに、地域に候補者を紐付けてしまう所がすっきりしないんですよね。 ウィキペディアなので正確かわかりませんが、昔(1947年から1980年)は衆議院選挙で全国区制が行われていたのですね。ネットがない時代には、選挙活動の範囲が全国に及ぶので選挙費用が膨大にかかったようですが、これはネットで選挙活動や投票ができればかかるコストやあり方がだいぶ変わってくるのではないでしょうか。 (衆議院でいうと小選挙区比例代表並立制から)全国区制へ移行するメリットとして思いつくものをあげますと、 政党でなく政治家個人単位で支持を表明できるようになる。 いわゆる1票の格差が全くなくなる。 候補者と地域の利益が結びつきづらくなる。 出馬する地域によって競争率が異なる現状が解消される。 一方で選挙活動が地域に紐づかないので、町中を街宣車で騒音をまきちらしながら名前を連呼して走り回る必要がなくなり、演説する場所は効率を重視すれば人が集まる場所に収束していき、政策の訴求は全国を対象とするのであればネットや他のメディアが中心になり、有権者は「Yahoo!みんなの政治」のような人名ディレクトリに掲載されている、経験した役職や実績のリストやマニフェストなどを参照して判断し、自分の支持する政治家へ貴重な一票を投じることができる、と。 仕組みだけで考えると総理大臣も直接投票できてしまうかもしれませんが、まずは国会議員だけでも直接投票できるようになってほしいですね。 政治家にとっても政局よりもちゃんと実績を残す方にインセンティブ的なものを感じるようになるんじゃないか、そうなってほしいという率直な思いです。あきらかにこっちの方が風通しがよさそうに思うのですけどねー。素人の一意見でした。

シニア層がネットで買い物するようになるには?

シニア層の人たちはネットを利用しているのでしょうか。 ここでいうシニア層は、会社の業務としてPCを使用しないで会社をリタイヤした、団塊世代より一つくらい上の世代を想定してみます。 仕事(つまり半強制的)でPCを使用してこなかった彼らが、たとえば何かネットで買い物をしようとして、Windows PCなどで簡単な操作方法を学び、ネットを利用するというのが、現実的な流れなんでしょうが、本来的には年配の人たちの身体的特性に合っていると思えないんですよね。視覚の機能低下、細かい操作にストレスを伴うでしょうし。そもそもPCはネット端末「のみ」として使用するには、なんでも出来てしまいすぎて逆にシンプルな使い勝手にかけるというか、手続きや振る舞いが冗長すぎるのではないかと思うんですよね。 以前、某大手百貨店の営業トップクラスの方(おそらく50代くらい)がいるミーティングに出席した際に、年配がPC使えないことが多いのはむしろPC側のUIに原因があるのであって、一方でネット接続できる端末がPC以外にも広がりつつあるという現状を引き合いにだしつつ、アクトビラの話につなげて、テレビの大画面で商品を大写しに閲覧できる環境があって、それで商品を購入できたら(百貨店が対象とするような)年配の方たちに刺さるのではないか、という思いつきを話したところ「そうなんだよ!」と力強く同意され、我が意を得たり、と思ったものでした。 そんな取り組みは、ベンチャー企業よりも、むしろ「なんでもワンストップで揃う」優位的特性が、インターネットショップに取って代わられ、利便性でも価格競争でも負けてしまった感のある百貨店にこそふさわしいのではないでしょうか。 ネットの利用目的としては、今までできなかったことができるようになるという方向性よりも、今までできたことがより楽に、便利に利用できるようになる、という方向性の方がシニア層にはフィットしそう。 年配の人たちに求められるであろうサービスの使い勝手を想像してみます。UI設計とサイト設計とハード設計が混ざっちゃってるし、まだまだありそうですが。 ボタン一つでサービスがすばやく立ち上がる家電的振る舞い。 文字が大きいサイズで読みやすく表示されること。 商品画像が大きく、細部がわかること。 サイトのメニュー構成や使い方は出来るだけシンプルでわかりやすく。 文字入力する機会はできるだけ少なくすませる(実際はショッピングに利用を限定すれば、ワンタイム入力のアカウント情報とパスワードぐらいに抑えたいところです)。 と考えていくと、現実的な制約や端末のことを考慮外とすると、PCモニタよりもテレビなどの大画面端末で商品をブラウズしてショッピングできると、ネットのメリットを享受できなかったシニア層でも、価値を享受できるのではないでしょうか。 テレビでインターネット・コンテンツやサイトを閲覧する方法として、その機能をテレビの中に持つか外に持つかで大きく二つに分けられます。内蔵するものは、ブラウザを組み込んでしまう家電5社共通プラットフォーム「アクトビラ」、外に持つものはテレビを映像出力機器とする、いわゆるSTB(セットトップボックス)方式で、Wii/PS3/XBOX360などのゲーム端末、ハードディスクレコーダー(現状ブラウザが搭載されたものは市販されていないでしょうが、ポテンシャル高そう)、CS/Gyaoなどのチューナー、AppleTV/Windows Media Centerなどの家電分野に拡張してきたPC端末でしょうか。そのうち、アクトビラとWiiにふれてみます。 アクトビラは、一度でも使ったことのある人ならわかると思いますが、元々デジタルテレビ端末に積んでいるCPUの余力を利用するため、デジタルテレビのリッチな外観や機能からは想像できないくらい挙動速度が遅いです。 またネットTV端末仕様がちょっと残念な感じで、まず画面解像度はワイドVGA(800 * 480)。これって去年の携帯電話ですでに実現している画面解像度と同じで、インチ数が大きいテレビほど、写真を無理矢理引き延ばして表示するということになります。つまりハードの価値(画面の大きさ)と写真のクオリティが比例しないということになります。 またXMLHttpRequestをサポートしていないため、ajax的な振る舞い、たとえばウイジット的なコンテンツと、それをカスタマイズして表示するダッシュボード的なサイトさえ、作れないということになります。 家電5社共通プラットフォームとはいえ、各社採用しているブラウザが異なっており、同じNetFrontでもバージョンが一つ違うだけで、ブラウザ・ネイティブなスクロールがあったりなかったりしたりするので共通のUI的な振る舞いをするものでもないのですし。とネガティブな要素を書きつらねてしまいましたが、なんといっても家電大手5社が採用していることによる普及率や、テレビリモコンで操作できるという家電ならでは明快さ、安心感はありますね。通常のPC向けサイトと同様に決済機能をサイト側で持つことは可能ですよね。 Wiiは、ゲーム用のCPUを使用するので実行速度は文句なし、決済プラットフォームさえ整ってしまえば、あとはコンテンツがあれば、マーケットとして広がっていく可能性が高そうですね。任天堂一社の主導であり、なんとなくあらかじめ決定したロードマップを粛々と実行している感のあるサービスの増え方ですが、安定しているだけに今後に期待大。 リモコンの使用方法は、ポインタ方式だとシニア層には操作しづらいと思いますが、たとえば、画面上では携帯などのフォーカス移動方式にして、クラシックな持ち方、十字ボタンとボタン2コ(YES/NOの意志決定用)で十分まかなえそうにも思えます。ファミコンですでにその形をしていたゲームコントローラは、機器のコントローラの原型として完成していた感がありますね。 話はちょっとそれますが、ソニー製品はリモコン周りもすばらしくてデジタルテレビを買ったら当然リモコンがついてくるのですが、ハードディスクレコーダやSTBを買うと、 テレビのリモコンをリプレースし、かつそれら機器も操作できるリモコンが付属してくるんですよね。なので以後は元々テレビについてくるリモコンはしまって おき、買い足したSTB型機器リモコン一つで済んでしまう。 市販されてはいないと思うんですが、ハードディスクレコーダーにブラウザが搭載される、というのが価格的にも、機能進化の激しさに対応という意味でも一番フィットしているのかな、なんて妄想してみました。ブラウザ単体のみ]] >

自由帳

ジャパニーズヒップホップ発のネット的取り組み。 mixiコミュよりDABO本人のコメントを無断引用。mixi内でクローズド(検索エンジンにひっかからないまま)にしておくにはもったいないので。 目の前にあるのは真っ白な自由帳。 これは君の声が入って完成する器。 君の声を聞かせてくれ。 と言ったわけで。 始めるぜ、「自由帳」! これは俺が「TOKYO SHIT」で実行したムーブメントの続編である。 延々と続けるには「TOKYO SHIT」には縛りが多いじゃん? あれは基本カバーだからさ、同じトラック、同じフロウ(バスタのフロウ)、同じ題材、って感じじゃん。続けば続くほど飽きるし、第一原曲の賞味期限もそろそろ切れるじゃん。ラッパーは参加しやすいけどトラックメーカーは参加できねえしさ。だからこのYOUTUBEと連携したシステムを使ってもっと自由でずっと飽きない企画を打ち出したかったわけ。それが、これよ。 みんなB.M.W.Vol.1はチェックしてくれたかな?まだなら是非! B.M.W.Vol.1には「自由帳」という短い曲が三つ入ってるんだ。 一つは晋平太バージョン、一つはRYUZOバージョン、一つはMUROバージョン。全部同じトラックで内容はそれぞれ。ちなみにトラックは KURAという男が作ってるんだけど、B.M.W.Vol.1には最後にこの「自由帳」のインストがこっそり入ってるんだよね。で、勘の鋭いやつはわかってると思うけど俺はこれを再びやりたいやつに全員参加してほしいんだ。どこの誰でもかまわねえよ。内容も自由だ。なんせ自由帳だもん。で、MCはラップ乗っけてUPしてくれればいいし、スクラッチャーは擦ってくれていいし、ダンサーは踊ってる動画UPしてくれてかまわねえし、って感じよ。で、最初はこの KURAの作ったトラックで始めてみる。でもトラックメーカーたちがトラックをUPしてくれるなら、例えば月イチでトラックを変更しても面白いと思うんだ。ここのコミュの中で多数決をとってもおもろいかもな!さあ来月はどのトラックにする~?みたいなさ。おもろそーじゃね?すべてが自由。 ここを使ってみんなでセルフプロモーション、しかもやはり一銭もかけずに!ここ肝心ね、不景気やさかいね。 さあ、やってみせろ。俺のバージョンも近々UPするぜ! なにはともあれ参加者がいなきゃなんも始まんねー。 みんなの参加を待っている!またもう一騒ぎ起こそうぜ! 金がなきゃなんも出来ねえなんて嘘だぜ。アタマを使おう。 そこから世界中にお前を発信してみろ!! BABY MARIO PRODUCTION C.E.O. D.ASHIDA/DABO aka Bee Em Pee One! YouTubeにあがってるファイル、おそらく全部(2007.5.11現在)ざっと見たけど、基本的にトラックの上でラップしている形しか今のところないですね。おもしろーい。自由帳はこの上に自由に書いていい、ってことだと思うんだけど、「自由帳」(=自由に書けること)のすばらしさについてラップしているものもあり。何にしてもお題があった方が逆に楽というかんじなのかな。本人ヴァージョンをコンピCDに収録せずYouTubeでしか聴けないのも確信犯。 本人(コンピ未収録) 自由帳 feat.DABO コンピ収録版 自由帳 feat.晋平太 自由帳 feat.RYUZO 自由帳 feat.MURO YouTube投稿作品 自由帳 feat.BAMBOO 自由帳 feat D.A.D from T-CITY BOYZ 自由帳 feat. […]

テレビでネット2007

iTVが発表になりましたね。でも出来ることを見る限り、まだこれはいわゆるネットワークメディアプレイヤーにすぎないのではないかと。国内でもIO DATAとBuffaloから出てますが、ニッチ的な扱いで操作性などあまりよくありません。IO DATAの一番新しいヤツはだいぶ改善されているようだけど。この手のものは、値段を落としたくないのでメーカーはDVD再生機能を外そうとしないのですが、DVDつけずにほぼ同じ値段をつけてくるApple。購入したコンテンツだけでなくて、テレビでネットをブラウズできるようにならないと、真の意味でネットでテレビを制覇したことにはならないように思います。 そしてWii Preview。ゲーム以外の部分の大きい機能として、二つ。一つは、Wii Connect24。現状伝言板機能だけ発表されてて、これは携帯やパソコンとメールのやりとりや、Wii同士でのメッセージのやりとりが出来たり。カレンダーと連動したり、写真添付できたり、と他機能との連動もバッチリの様子。もう一つは、Wii Channnelと呼ばれる機能で、ネット部分だけ切り出すと、お天気チャンネル/ニュースチャンネル/インターネットチャンネル。社長講演のこの辺ぐらいがその話です。Operaでブラウズできるようです。キャプチャはGoogleですよ。そしてOperaなのでAdobe Flashも入ってて、YouTubeやGoogle Videoも普通に見れるのでしょう。リビングのテレビで。 文字入力インターフェイスはどうなってるんでしょう。微妙に今回の発表ではわからないですね。ソフトウェアキーボードなのかな。この辺の使い勝手も一般的な普及には欠かせない要素ですね。検索サイトでのキーワード入力が主だろうから、音声入力だったりして。音声入力は常に恥ずかしいものですが、「異議あり!」だったらぼくは言えます(謎) YouTubeがらみはニュースが多くてすべてついていけてませんが、NBCやワーナーミュージックがコンテンツ提供しはじめたりしてるようですね。 国内家電5社連合のポータルサイトも来年にはきっと動くのでしょうし、来年がやっとテレビでネット元年になりそうですね。年明け早々から覇権争い開始。

about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin