circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

activeCollab導入

プロジェクト管理ソフトのactiveCollabを導入しました。 ウェブ制作の進行管理に使う予定ですが、制作物そのものの管理以外の、以下のようなプロジェクト進行に必要な事柄に関しては、代替できるのではと思いました。 メールでのやりとり 支給される素材ファイルの一元化&ヴァージョン管理 コンテンツとなる文章の一元化&ヴァージョン管理 議事録や決定事項を一元的に掲載 作業時間のトラッキング 納品ファイルの一元化&ヴァージョン管理 出来ないこととしては MSのProjectなどのようにガントチャート形式で表示できない。 複数のプロジェクトで複数の作業者が同時期に作業している際のタスク調整はしづらいかも。 という感じで、PCのアプリケーション機能依存で分散しがちだったプロジェクトにまつわるあれこれを、ウェブベースで代替/一元化できるのが最大のメリットかと思いました。 で機能によってはヴァージョン管理できるものがあるので、やりとりを重ねながらコンテンツをフィックスさせることも分量が少なければできそうですね。あとプロジェクト情報をテンプレート化できるので標準的な進め方をあらかじめテンプレート化しておくとか、要件定義をプロパティリストとしてテンプレ化してしまうとか。 といった感じで合理的に進められそうなので導入してみました。 正直個人事業から始めるのにこの手のツールは使わなくても進められるとは思うのですが、極力この手のことは合理化したいのと、こういうツールをちゃんと使ってみてその善し悪しの判断をできる方が望ましいかと思いまして。あと作業にかかった時間を記録しておけるのがありがたく。 まぁクライアントが使ってくれないと効果的でなく、そこが一番のネックかもしれませんが。 もし使ってみたいという方がいたら…お仕事ください(笑 検索しても無料版が出た当時の記事が目につくのですが、日本ではどのくらい使われてるのでしょうね。 今回導入したのは有料の最新版(1.1)です。 情報あったら是非とも教えていただきたく。 しばらく使ってみてから、日本語ローカライズファイルを作ってみます(誰かが作りそうですが)。 以下概要です。 公式サイトでの機能リファレンス 機能一覧 1.1での新機能 特徴 他の同様のサービスと比べての大きな特徴はサーバインストール型だということ。 他ASP型サービスだと、従量(プロジェクト数、ファイルストレージサイズなど)型で毎月の料金が発生するけども、これは一度購入すれば将来的なアップデートも追加料金なしで受けられます。 サイボウズなどのグループウェアでは、個人事業にはオーバースペックなので検討対象外としました。 サイトデザインは洗練されていて、あまりカスタマイズしようとも思わない高い完成度なので、ロゴだけ差し替えてそのまま使えそうです。カラースキームを変更したり、言語ファイルを用意すればUIの言語表示は日本語に変更できます。 トップページ、各プロジェクトトップページはダッシュボード形式になっていて、概要と詳細をいったりきたりできます。 使い方 初期設定として、 Project作成 人のアサイン Projectにぶらさげる形で、Milestoneを入力 各Milestoneにぶらさげる形で(ぶらさげなくてもいいけど)、Discussions、Files、Pages、Ticketsを入力。 などを入力し、これらの内容を更新/修正しながら活用しつつ、補助的にツールとしてTime、リマインダ機能を併用という感じでしょうか。 Files、Calendar、Tickets、Timeはプロジェクト横断で利用することができるようです。 用語とその機能 Projects プロジェクト数は無制限に作成可能。 進捗度を棒グラフ化で表示。 プロジェクトをクライアントに紐づけることも可能。 プロジェクトをグループ化することが可能。 プロジェクト情報(下位にぶらさがる各種情報含めて)をテンプレート化することが可能。 Milestones いわゆるマイルストーン。 Discussions いわゆる掲示板機能。ファイル添付可能。 Files ファイルをアップロードして共有可能。ヴァージョン管理機能つき。 Pages 構造化した文章を共有しつつヴァージョン管理機能も使って、完成させていけるツール。コメントをつけられる他、サブタスクも設定可能。 Tickets […]

about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin