circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

独立します

7年と少し勤めました、bAを退社して独立することにしました。4月末が最終出社日で、5月末で退社となります。 1プロジェクトごとに2〜3キロぐらい痩せたころから、最近はそうではなくなりましたが、7年もいると本当にいろんなことがあり、ちょっと一言では表せません。人手不足のおりですが、気持ちよく送り出してもらえて会社には大変感謝しています。 理由としては、自分の専門をもう少し絞り込んだ形にして、かつそれをベースにした案件に出来るだけ関わっていきたいという希望を形にしていきたいと願う時に、ベストな環境を模索した結果、会社の外に出て自分で動いてみようと決意するに至りました。 専門の切り口としては、中長期的には2〜3つ持てたらいいなと思いますが、直近のひとつとして、ユーザー・インターフェイスを考えています。 世の中の流れを見ていて、ネットをとりまく環境はまだまだ過渡期なんだと思いつつ、最近の流れとして、 目的の増加(情報の取得のみならず社会や生活のインフラの一部がネット上でも手続き可能になっていき、目的が多様化していく) 端末種類の増加(何でもできるPCから、携帯や、ある機能に特化した端末が家電も含めて拡散していく傾向にある) 年齢層の増加(携帯でのアクセスを含めるとそれこそ小学生からシニア層まで) といった傾向に対して、UIデザイナーの立場で何ができるか、知覚的・認知的な視点でのUIの完成度を高めると同時に、その上位へ如何に目的にあった感性的というかエモーショナルというかそういったデザインを被せていけるか、という課題に取り組んでいけたらと考えています。 一つ切り口を決めてしまうと、広く解釈するにしても狭く解釈するにしても、拾うべきもの/捨ててもいいもの、徐々に見えてきてよかったと思います。 これだけに特化するのは、最初は厳しいというか無理だと思うので、いわゆるPC向けウェブサイトの構築を主軸に少しづつ模索していけたらと。 法人化する方向で考えてまして、オフィスを借りるかどうかは検討中です。そう考えるとどうしても本格スタートは夏以降になってしまいそうですが、6月以降は動けますので気軽にお声がけください。メールでの連絡先は、about authorのリンク先に記載しています。

about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin