circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

「かんたんインターネットマシン」を所望する

SoftBankから出ている「インターネットマシン」こと922SHは、電話機から発展してきたケータイと、軽量化したパソコンであるWindows Mobile、どちらでもないところ、ありそうでなかったものを出してきていておもしろいですね。 「インターネットマシン」という名称自体が、これはケータイでもWindows Mobileでもないんだ、という自負が現れていると思います。 コンシューマ向けの、WindowsPCでないネット端末の提案でもあるわけですよね。W61Sに機種変したばかりですが、これはこれで欲しかったよ…。自分で使ってみないと見えてこないものもあると思うので。 Windows Mobileはやっぱり、仕事で使っている統合ソフトであるExchange環境を外出先へ持ち出したいとか、パソコンのヘビーユーザーで携帯端末だってカスタマイズして使いたい、という人にはいいと思いますが、いわゆるケータイとしては、ベストなソリューションではない気がしていまいます。片手で使いづらいとか、メール送受信にえらく時間がかかるとか、カスタマイズしないと使いづらくて、その知識を自分でネットを回遊して取得しなければならない、とか。w-zero3ユーザーだったこともあるので、メーカーがその辺りを承知の上でトップメニューを一般的な携帯形式にするとか、苦労して実装していることは記事など読んで知ってはいるのですが。 少し前に、シニア向けネット端末って例えばテレビをビューワをする形で実現できないのかな、という妄想エントリを書いたのですが、たとえばこの「インターネットマシン」コンセプトのシニア向け端末ってあったら面白いと思いました。 シニア向けって、いわゆるUD(ユニバーサルデザイン)的観点から携帯デザインを最適化したもので、最近では「らくらくホン プレミアム」のようにおサイフケータイ&ワンセグ機能がつくものまで出ていますが、もうちょっとネットを積極的に使ってもらう野心的な端末というか…。 製品コンセプトは「インターネットマシン」と同一。インフラはケータイ。 pushよりpull的なふるまい ボタン一つでオンライン パケット定額加入を勧める 使用場所は主に自宅を想定し、持ち運ばない(持ち運んでも勿論いいけど) UD的配慮はそのまま 液晶はたとえばVAIO Uシリーズぐらい(5型SVGA=800×600ドット) キーボードは、教えてもらいやすいように、かな入力方式のハードウェアQWERTYキーボード EeePC系にしても、Windows Mobile搭載端末にしても、PCを数台自宅に持っているヘビーユーザー向けばかりな気がしていて、もっと本人が意識せずにカジュアルにネットをツール/インフラとして使い倒せるような、この辺のニッチ(?)をねらった「かんたんインターネットマシン」が出てくることを所望します。ユーザー・セグメンテーションが他社よりも細かそうなSoftBankに出してほしいなー。

カシオ携帯(Heart Craftライン)の筐体デザイン変遷

カシオ携帯の、W21CA/W21CA II→W31CA→W41CA→W43CA→W51CA→W52CA→W61CAという流れ(名称は特についてないと思いますがしいてつけるならHeart Craftライン?)の筐体デザインの変遷を、画像を並べて追ってみました。時代ごとにスペックが異なったり、機種ごとに打ち出している使用シーンも異なるので一概にはいえませんが、特にW41CAからW61CAへの流れは時代の空気感の変化を感じずにはいられません。 W21CA W21CA II W31CA W41CA W43CA W51CA W52CA W61CA 個人的に使ってたことがあるのはW41CA白のみで当時熱く(?)語ったエントリーもありました。 今春のタイミングではW44Sに続き、W61CAを選ばずにW61Sを選んだのは、W61CAを買って日常的に持っているシーンを想像してみてもあまりピンとくるものがなかったというか、全部想像できてしまうので惹かれるものが少なかったという感じでしょうか…。 とはいえわざわざこんなエントリーを書くぐらいなので、今後にも期待しているのです。カシオは日立と合弁会社を設立しており、秋ぐらいからSoftBank向けにも供給するとか。こちらも楽しみです。

ワイドVGA

アクトビラ対応のテレビ搭載ブラウザの画面解像度=ワイドVGA(800 x 480)。現時点で一番解像度の高い携帯の画面解像度=ワイドVGA(800 x 480)。 かたや20インチ~60インチ前後、かたや3インチ程度。ものすごいジャンプ率(汗 テレビで映像を見る解像度はワイドVGA表示でなく、逆に携帯では動画の解像度はワイドVGAなので、映像を見る場合は当てはまらないけど、ウェブを表示する解像度としては比較対象になるのかなと(携帯ブラウザでなくてPCサイトブラウザだというのはありますが)。もちろん媒体属性は全然異なるし単純な比較対象は意味ないようにも思いますが、同じ解像度であることに単純にびっくり。

PCユーザ圏と携帯ユーザ圏/ネットの拡散

PCユーザ圏と携帯ユーザ圏が分断してる?という話。今更ながら。 ケータイ文化圏とネット文化圏の深い溝 をきっかけにブログ界隈で去年秋ころ盛り上がった様子↓ ケータイ文化圏とネット文化圏の隔絶論 ケータイ族はPC族のカモ、かも ケータイ文化圏は「さらにあちら側」なのかもしれない ケータイ族=テレビが好きな層と考えてみる environment effect 去年の(夏~)秋といえば、au My Pageが始まり(それと同時に公式のものよりよくできてたサードパーティのミガルスタイルがサービス終了)、各社検索機能が実装された頃ですね。 ケータイ・PC一体の個人ポータルサイト「au My Page」の提供について ひとまずクリッピングのみということで…。 別な話で、jigブラウザ開発した会社の人の話で、「携帯電話のフルブラウザは過渡期の技術。ユーザー数は携帯電話の方が多いのに、情報はPCに向けて発信されるものばかり。仕方なくユーザーが歩み寄った結果がフルブラウザ」「いずれ携帯電話向けの情報が充実すれば不要になるもの」と語っているのがなんとも印象的でした。 Windows Mobileで携帯電話業界に挑むイー・モバイルの勝算は? 今出てる携帯の画面解像度的な最高スペック(WVGA=800*480)って、横長でブラウズできるなら、VGA(800*600)対象に製作したPCサイトが一応そのまま見れちゃいますね。 どう考えても今のパソコンOSは、ネット端末としてみた時に手続きや振る舞いが冗長すぎで、VAIOもがんばってたけど結局ベースはWindowsOSにせざるをえないので、WindowsOSの各機能のショートカットを独自UI化することが限界だったような気がします。操作感自体はもっともっとシンプルになっていいはずで、価格的な優位性や普及率が一旦落ち着いたところで、別なネット端末が現れ、パソコン自体は、機材として一般化→ネット端末として一般化(今ココ)→制作系の人たちの機材化、みたいな流れになるんじゃないかと希望的妄想。一般家庭には「何でも出来る」パソコンから各機能が、それに特化したネット家電にとってかわられて拡散・分散していくのかな、と希望的妄想。操作感が細かすぎるのとパソコンの置き場所に縛られる不便さからの開放というか。徐々に出てきている、グローバルIPを必要としない家庭内LAN対応系のネット家電て、テレビで動画が見れたり(AppleTV、ネットワークメディアプレイヤ)、ラジカセメタファーの音楽再生機(WA-1、無線LANハードディスクとの組み合わせ最強そう)、テレビで写真再生(Wii、PS3など)と、あきらかにそっちの方向性だしね。映像はテレビで見たいし、音は持ち運んだり良いスピーカーで聞きたいし、写真はみんなで見たいという。そしてウェブページのブラウズは 携帯 タブレット液晶モニタ(PC一体型)+入力デバイス(ペンシル型のポインタとキーボード) テレビ(Wii/PS3/GyaOなどのSTB型、PC接続型、テレビ内蔵型)+リモコン/コントローラ の並存みたいな感じになっていくように妄想していますが、実際どうなるんでしょうね。 追記:NGNのキラーサービスはアクトビラだそうで…。液晶テレビはそれなりに高額なのと、ソフトウェアアップデートがネット経由で出来ないなら、新機能を使いたければテレビを買い換えなければならず、その方法は普通に考えて一般普及は難しいように思いますが、ある所(Video On Demand対応とかNGN対応)までいけば、大きな機能追加はなかったりするのかな。 NGN 【続報】「NGNにつながる機器はテレビが中心」,トライアル参加メーカー幹部が語る

UI着せ替え(おなじみ操作)

おなじみ操作 ソフトバンクの新サービス”おなじみ操作” 昨日知ったんだけどすごいすごい。ソフトバンクって、ソフトで独自かつ良いサービスやってて、そこは好感もてます。ほかに気になるサービスは以下に。 ホットステータス おしらべダイヤル*111 Yahoo! mocoa Yahoo!mocoaなんてまさに理想的。使うメーラーが異なってもメールのやり取りができるように、メッセンジャーも相互乗り入れすればいいのにな。

それでも、人は、ケータイと呼ぶ。

今持ってるW41CA(白)は大変気に入ってるので余程のことがなければ機種変しないつもりでいたのだけど、つなぎ携帯がほしくてW44Sをゲットしました。なぜつなぎかというと、 W41CAはFlash Lite 1.1なので2.0対応機種にしないと携帯Flashで何も作れない(に等しい) Flash Lite 3.0対応(flv対応=わかりやすいところでYouTubeが見れる)機種は、どうやら今年冬モデルまで出ないらしい 春モデルで、EV-DO Rev.A対応のものが全くなく、今年の夏モデル以降を待たないといけない なので今つなぎで買うとしたら春モデルより前にリリースされたものを安く買うのが、少なくとも個人的にはベストでした。神機の誉れ高いW44Sを、もう何度目になるかわからないけど手に取り、ちょうど「海馬」も読み直してたので、片目をつぶって、もう片目から遠ざけたり近づけたりして、右側のヒンジが盲点に入って見えなくなったところで購入を決意しました。1万6千円代まで落ちてたので、auポイントとヨドバシポイント使って結局1万1千円代で。 カラバリが3色あって、シルバーとオリーブで相当悩みましたが、普段使用時に目にするのは圧倒的に開いた時だろうからと、開いた時基準でシルバーに。受け取りまでオリーブにしとけばよかったかなとずっと後悔してたんですが、実機を手にとったらシルバーで全然嫌味がなく、むしろ気に入りました。よかったよかった…。 テンキー、十字キー、閉じた時のシルバー部分など、細かい部分部分で質感と触感に違いがあって、手になじむ感じがいいですね。ハードデザインの完成度高い。 契約時に店員が書いてる契約書みたいなのを見てたら、右上辺りに契約区分が書いてあって、新規/機種変更(ICカード)/機種増設の中から機種増設に丸がしてあって、オッと思った。つまり一般に使う言葉としての機種変更はau内部では機種増設なのね、と。内部でいう機種変更はICカードの変更の場合が該当するらしく。なのにお客側に見せる言葉は、店頭表示価格から最終的にもらえる書類まで徹底して「機種変更」としかないのはダブルスタンダードじゃないかとも思っちゃいました。まぁICカード導入前の言い回しから変えることの心理的な抵抗を考慮してからかもしれませんが。 前にも書いたけど、機種変すると以前まで使っていた携帯端末への何というか心理的な距離感が一気に遠ざかってしまい、攻殻でいうところのゴースト抜かれた義体か、別れた彼女か、ぐらいの勢いがあったものだけど、今回はそんなこともなく。ICカードを抜き差しすれば復活できるので。大抵バッテリーの奥にICカードがあるのも取替えに手間はかかるけど、ゴースト入れなおすと考えれば、儀式的な手間のかかり具合がちょうどよく。なので色白で聡明な美人ちゃんも時々連れ出してあげようと思っとります。

911Tがよさげ

auのW52Tがほぼ全部入り&高解像度(800*480)携帯としてやっぱり気になっており、今週末から発売されてて触ってきました。やっぱりスルーかなぁ。残念。 同じ東芝から3月中旬以降に出るといわれてる、SoftBankの911Tもほぼ全部入り&高解像度(800*480)。IT Mediaの記事に詳細載ってるけど、筐体デザインも比較的かっこいい(許せる)方だし、カラバリも多い。しかもほぼ同スペックなのにauよりも4.1ミリ薄く、HDSPAにも対応してる、と。実際触ってみないと質感やソフトの操作感がわからないのでなんともいえないけど、印象よくてかつ支払うことになる金額や契約で納得できたら、いっそソフトバンクにしてしまうのも手かな、なんて。au原理主義者(何)としては屈辱的ではあるけど、いいものはいい、ってことで。ドコモのパケ定額導入に追従して、ソフトバンクもブループランで対応するようだし。 店頭にて最近の携帯をズラズラっと一通り眺めてきましたが、バブルを振り返ることがやっと許されてきたことを想起させるような(映画の「バブルへGO!」とかtrf復活とか)最近の空気感が一番現れてるのは実はソフトバンク携帯な感じがしました。810Tとか810Hとか750Pとか。最近のauの筐体デザイン、なんでこんなに新しさがないんだろう。

next page »

about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin