circumstance evidence

状況証拠 – ヤザキユウイチ

一覧リストにおけるページングについて

これです。一番わかりやすいのがグーグルなどの検索サイトの検索結果ページに使用されるこんなナビゲーション(ページング)について書きます。 なぜページングなんてものを取り上げるのか 広く普及している割にはワーディングが揺れていたり、何を「ページング」と呼べるかが少し変化していると感じる部分と相変わらず変わっていない部分と両方を感じるからです。 定義 ここでいうページングとは以下の場合を指すものとします。 ウェブにおいて、閲覧している画面解像度に対して一覧リストがある程度以上長くなってしまう場合に、閲覧上の負荷を下げる目的で複数ページに分割して表示する見せ方やそのナビゲーションのこと また以下の場合を除くものとします。 一つの記事が画面サイズ長い場合に、編集的視点でページを複数に分割している場合のナビゲーション 一つのタスクが複数ページにわかれている場合(ショッピングサイトの購入フローなど)のナビゲーション ちょっとわかりづらいかもしれないんですが、これらは分けて考える必要があると思います。除くものとしてリストしたものは、どちらかというとシーケンシャル(連続)型で、一つのコンテンツが便宜上複数ページに分かれているというものですね。並び順に意味があり、意味でページ分割されている。 ここで取り上げたいのは、いわゆる一覧リストがソートされて、文脈的ではなく機械的に複数ページへ分割されている場合のナビゲーションを対象としてみます。 ワーディング ポピュラーに使われている割にはワーディングに揺れ幅があります。ページング(Paging)、ページネーション(Pagination)、ページャー(Pager)の3つに集約できるかと思います。UIをテーマにしている主要サイトでどういうワーディングや定義(定義がないものは問題点として記載されている内容)をしているか、リストしてみました。 ページング(Paging) ソシオメディアの定義 一連の情報が複数ページにまたがる場合、ページを送るためのリンクを表示する。 Welie.comの定義 Users need to browse through a large list of items looking for the item that interests them most. blink design libraryの定義 most web-based systems seem to bump into performance limits that prevent implementing infinite scrolling. And so some […]

about

ウェブ・デザイナー/インターフェイスデザイナー。詳細は下記をご覧ください。

follow us

search

related link

Admin